谷山麓 
谷山麓:鹿児島市谷山中央4丁目  谷山麓 平成19年10月/同21年10月再訪 
谷山麓の地頭仮屋跡は谷山小学校:校門から入って右側に碑      伝:豊臣秀頼の墓
 <地頭仮屋跡以外の写真は郷里、鹿児島市在住の同級生森田女史が、谷山麓を散策し送ってくれたもの。平成20年新緑の4月> 
谷山麓(郷):郷士1,340人・郷士人躰551人・総石高13,865石・郷士自作高1,968石(薩藩政要録:文政11年)。戸数4,477戸・人口21,087人(地理纂考)
谷山麓の地頭仮屋跡          谷山麓の石柱の門
谷山麓の石垣の塀 :麓の塀は大きく分けて @いぬ槇の生垣 A石垣 B石垣+いぬ槇生垣
田の神さあ:薩摩・大隅・日向国に見られる 谷山麓にある、伝:豊臣秀頼の墓(高さ2メートルの宝塔)
秀頼の伝承は事実とはみなしがたい。
しかし、大阪夏の陣の直後から、秀頼は薩摩で生きているという噂がイギリスの平戸商館長の耳に達しており、鹿児島にも数々の秀頼伝承が存在する。