一国一城以外の城址>

恒吉麓/日輪城
恒吉麓/日輪城:鹿児島県曽於市大隅町恒吉   恒吉麓の景観  常吉麓のたたずまい 2009.10 伊作中三五会冠岳登山帰省
恒吉麓の地頭仮屋跡は現在の曽於市恒吉連絡所  恒吉麓は日輪城の麓に形成   石敢当が民家の入り口にあった
恒吉麓(郷):4か村・郷士209人・郷士人躰121人・総石高3,447石・郷士石高804石(薩藩政要録:文政11年)。601戸・2,684人(地理纂考)。
 /
 日輪城(恒吉城)
日輪城については良くわからないが文献に登場するのが1545年島津勢が肝付勢を破り・・・その後肝付氏・島津氏・伊集院氏と城主が変遷したが、最終的には島津氏の持城となり、1615年の一国一城令で廃城し、江戸時代は恒吉麓の地頭仮屋を置いた。 
 日輪城(恒吉城)は前方の小山と曽於市恒吉連絡所。江戸時代は恒吉麓(郷)の地頭仮屋が置かれた。
恒吉麓の景観
日輪城跡の曽於市恒吉連絡所//恒吉麓地頭仮屋跡
恒吉麓の武家門が一基あった
上の写真の左側石垣上が地頭仮屋跡
地頭仮屋前の道路沿いの商店は全部閉店。
市町村合併を繰り返し、行政組織が縮小し、他に移転していった町並みは物悲しく侘しい。