帖佐麓 
 /  
 島津義弘館跡 
   
 島津義弘の御屋地(おやじ)跡の稲荷神社 
帖佐麓の中心にある島津義弘が1595年から10年間居住した館跡 
帖佐麓:鹿児島県姶良市鍋倉     帖佐麓                      帖佐麓探訪:2007.10/2012.03再訪
帖佐には島津義弘が1595年、朝鮮出兵から帰国後10年間住んだ跡,御屋地がある。義弘は天下分け目の関ヶ原の戦い(1600年)で家康本陣を突破して戦線離脱した勇将。  地頭は黒木島津家の兼務が多かった。 帖佐麓の地頭仮屋跡は小学校。 総禅寺跡の島津季久・朝久墓。
 帖佐麓(郷):11か村・郷士967人・郷士人躰429人・総石高10,069石・内郷士高1,294石(薩藩政要録:文政11年)。1,164戸・5,487人(士族1,815人)。
帖佐麓地頭仮屋跡は帖佐小学校 略図
小学校(地頭仮屋跡)裏側の帖佐麓地区  
 帖佐麓に残る武家門 
島津豊後守季久・朝久の墓:総禅寺跡 :島津 朝久(しまづ ともひさ、? - 戦国時代の薩摩の武将。薩摩島津家分家で豊州家6代当主。兄は北郷時久。
妻は島津義弘の女。

幕末275藩以外の城跡>