牛根麓
牛根麓:鹿児島県垂水市牛根麓      牛根麓の景観   牛根麓探訪:2009.10伊作三五会冠岳登山帰省/2013.11再訪・茂木君
牛根麓は入船城の麓に形成。  郷士の広田家庭園  江戸時代初期の牛根麓の地頭、島津越前守のお墓   桜島の裏側の小さな麓  牛根麓
牛根麓(郷):3か村・郷士395人・郷士人体196人・総石高1,197石・郷士高186石(薩藩政要録:文政11年)。791戸・4,328人(地理纂考)。 牛根麓
牛根麓                                牛根麓の広田家庭園
宇喜多秀家の薩摩落ち
宇喜多秀家(1572−1655年)は豊臣秀吉の家門で、岡山57万石の大大名で五大老の一人。しかし、関ヶ原の戦いで西軍に属して敗北し、関ヶ原から敗走した。秀家は2人の家来とともに、美濃国白樫村に落ち延び、大坂に潜行し、夫人の豪姫(前田利家四女、秀吉養女)に別れを告げて、船で薩摩に下った。 秀家主従が山川港に着いたのは慶長6年(1601)6月初め。島津家では大隅の牛根麓に匿った。秀家がそのときのお礼を島津忠恒(のち家久)に述べた書状もある。牛根麓は鹿児島からは桜島の裏手にある。秀家をそのような目立たない場所に匿うのには理由があった。当時の島津家は関ヶ原合戦の戦後処理がまだ終わっておらず、徳川家康との交渉が続けられている時期だったのである。秀家が着いた頃も、家康の使者が鹿児島に来ていたのをはじめ、富隈(義久の居城)や帖佐(義弘の居城)にもたびたび訪れていたから、その目に触れないようにする必要があった。 
秀家は牛根麓の平野家で2年有余、隠栖した。 そのうち、島津家もいつまでも秀家を匿いきれなくなっていた。そこで秀家夫人豪姫の実家である加賀前田家にも知らせて、共同して助命嘆願をすることにした。 同7年8月、忠恒は上京して、伏見で徳川家との和睦交渉を成立させ、翌8年1月、帰国する間際、家来を通じて家康側近の山口直友に秀家の助命嘆願を切り出した。  それを知った家康は激怒したが、結局、死一等を減じて助命し、牛根麓から駿府の久能山への蟄居に落ち着いた。寛大な処分になったのは島津と前田という外様大名の双璧が足並みをそろえたことと、家康の将軍宣下が2カ月後に迫っているタイミングを島津方がとらえたことが大きい。家康も将軍就任という慶事を汚したくないという思いがあったからである。 ところが、3年後、家康は島津方との約束を破って、改めて八丈島への流罪を命じた。結局秀家は赦免されないまま、八丈島で50年の年月を過ごしたのである 
牛根麓からの桜島
江戸初期の牛根麓地頭、島津越前守の墓
牛根麓の地頭仮屋跡(学館→旧小学校)
牛根麓の風景
牛根麓の石柱武家門