脇之馬場バス停の通りに江戸の名残が僅かに残る麓。
山田麓の地頭仮屋跡:山田総合支所の一角に有る
Back
一国一城以外の城跡へ>
山田麓 / 日向山田城
日向山田城 
日向山田城の築城年代は定かではないが正平14年(1359年)相良定頼によって築かれたとも云われる。後に北原氏の所領となったが、天文12年(1543年)北郷氏(都城島津氏)に攻め取られた。豊臣秀吉により九州が統一されると日向山田城は伊集院氏の所領となったが、庄内の乱後、北郷氏(都城島津氏)の所領に戻ったが、元和元年(1615)の一国一城令により日向山田城は廃城となり、麓に都城島津氏の地頭仮屋が設けられた。 
日向山田城は戦国の城に似合わず平城である。城跡は山田総合支所・運動公園 
山田麓/日向山田城 :宮崎県都城市山田町  (山田麓は都城島津氏の外城の一つ)  2011.11
山田麓の地頭仮屋跡は山田総合支所  脇之馬場に山田麓の名残がわずかに残る