吉利麓
吉利麓 :鹿児島県日置市日吉町吉利   吉利麓  小松帯刀  吉利麓探訪:2008.04   2010.11/良子・再
吉利麓の仮屋跡は吉利小学校。小松家26百石・伯爵:幕末の城代家老、小松帯刀。吉利麓領主、菩提寺の園林寺跡。吉利麓に鎮座の南方神社
吉利麓(郷):1か村、家中士357人、家中士人躰128人、総石高2,999石/内家中士自作高698石(薩藩政要録:文政11年))。(地理纂考によると)戸数640戸・人口3,067人(士族905人・卒族411人・平民1,751人)。 
吉利麓の仮屋跡から見た吉利麓の景色
                                   吉利麓吉利麓の武家門
  吉利麓に地座する南方神社
吉利麓領主の小松家墓所/園林寺跡/明治の廃仏毀釈で寺無し 幕末の城代家老、小松帯刀と妻チカの墓 
 小松帯刀:(1835-1870) 喜入領主肝附家の三男として生まれた。吉利領主小松家の千夏の婿養子となり小松家を継承した。幕末の薩摩藩城代家老として活躍。寛容で人望が厚く下級藩士の西郷隆盛、大久保利通らからも敬愛されていたが明治2年に亡くなった。
 
 @国禁を犯して10数名の青年武士を英国に留学させる。
 A尚古集成館の再建/薩英戦争で焼失したのを再建
 B坂本龍馬の海援隊育ての親/7,800両融資
 C将軍に大政奉還を言上(将軍に意見書言上の署名者の順番は
   小松帯刀/薩摩 後藤象次郎/土佐 福岡藤次/土佐)
 D明治政府の税収の無い時機に英国のオリエンタル銀行から
  150万ドルを借り新政府の政治資金、軍事費にあてた。
 E明治政府からの賞典禄は奥羽の難民救済にあてた 
吉利麓仮屋跡の吉利小学校⇒

<江戸有名人の墓へ