府内藩松平家の菩提寺の見樹院と改葬墓(7藩主)/東京都文京区 2006.05参詣
府内藩:大分城
桜に彩られた石垣と堀/府内藩
府内城/府内藩
松平忠直の廟所と浄土寺 :平成21年4月参詣

※一口メモ
@府内藩の藩主変遷:早川家→竹中家(改易)→日野根家(無嗣絶家)→1658年、松平忠昭が丹波亀山から府内藩に入封し藩主家が定着

A幕末維新時の府内藩:幕末の府内藩の藩主は桑名藩(佐幕派)の松平定永の子であるため、苦境に陥ったが鳥羽伏見の戦い後に、岡藩主を仲介に新政府に恭順の意を表した。
B府内藩は「長崎御用」を命じられていたので、同じ立場にあった杵築藩と参勤交代は交互(参勤と下向)になるよう幕府から命じられていた。 

府内藩 豊後(大分)大分市 大給松平家・西尾藩分家 譜代 21千石【帝鑑間】子爵     ☆松平忠昭が1658年に府内藩に入封し10代210余年在封
府内城/人質櫓 宗門櫓  府内藩の領地の菩提寺の浄安寺/忠昭、近陳、近信の3藩主  府内藩松平家の菩提寺&墓所の見樹院/文京区は7藩主
府内藩探訪歴:昭和48年10月探訪/平成21年4月再訪B     府内藩 府内藩の宗藩は三河西尾藩60千石 美濃岩村藩30千石 信濃龍岡藩16千石
府内藩松平家菩提寺の浄安寺/城址のすぐ側にある/領地で死亡した藩主3人
松平忠直の廟所

有名人の墓>