船岡要害:船岡城
船岡要害/船岡城:宮城県柴田町船岡字館山  伊達氏一家、柴田氏5200石    船岡要害探訪歴:2011.07
船岡要害領主、柴田家菩提寺の大光寺。 城址にNHKドラマの「樅の木は残った」の樅の木。   ☆元和元年(1615)原田宗資入城、寛文11年(1671)原田宗輔(甲斐)が伊達騒動で原田家は断絶した。天和元年(1681)柴田宗意が入封し旧城址の3ノ丸に居館を構えた。船岡要害
.
                          原田甲斐の墓
               (2012.03登米要害探訪途次参詣)
原田家は仙台藩着座の家柄で、父の宗資の時に船岡要害(城)に入封した。「寛文事件・伊達騒動」で原田家は断絶した(寛文11年・1671年3月27日大老酒井雅楽頭の屋敷で斬死した。首だけは密かに船岡の東陽寺に運ばれた)。東陽寺が船岡から現在の登米市東和町米谷に移ると首桶を密葬し、この地に埋葬し銀杏を目印にしたという。※原田甲斐(1619年から1671年):仙台藩着座、4380石。
   原田甲斐の菩提寺、東陽寺  墓脇の銀杏(印)
 原田甲斐の墓  
船岡城址に残る樅の木
 東日本大震災で倒壊の危険性
 があるということで、近場までは入れず。

 
船岡要害(船岡城)の領主、柴田家菩提寺の大光寺と塁代改葬墓
船岡要害(船岡城)の町、柴田町には昔懐かしい家屋が散見された。
船岡要害(船岡城)

銀杏の木⇒

Back

江戸有名人の墓

←原田甲斐首塚