二俣城
二俣城から天竜川を望む

有名人の墓>

二俣城:静岡県浜松市天竜区二俣町  武田家/徳川家の最前線の城  二俣城探訪歴:平成16年6月探訪/同22年6月再訪/金指陣屋探訪途次
二俣城の築城は不詳だが、文明6年(1474年)には今川氏の属城で、二俣、松井氏が在城。永録11年(1568年)徳川家康が遠江に侵攻して奪い、中根正照が二俣城に入城するが、元亀3年(1572年)武田信玄に攻められて降伏、依田信守・信蕃父子が二俣城に入城する。天正3年(1575年)徳川家康が奪還して大久保忠世が二俣城に入城する。天正18年(1590年)、家康の関東移封とともに忠世は小田原城に移り、以後、二俣城は廃城となった。
二俣城の城下にある徳川信康の墓(1559〜1579)
徳川信康は家康の嫡男。英邁の資質を持っていたと伝えられ家康の期待も大きかったが、信長の娘である妻・徳姫の訴えで母の築山殿とともに武田家内通の濡れ衣を着せられ、信長の命により二俣城で切腹させられた(享年21歳)。また築山殿は家康の命により遠江富塚で家臣に殺されたという。

徳川信康の墓:清瀧寺

二俣城をめぐる攻防(二俣城跡案内板)
 永禄11年(4568)12月から天正3年(1575)12月までの7年間、二俣城は、徳川・武田両氏の攻防の舞台となった。二俣城は天竜川と二俣川の合流点に位置する天然の要害であり、しかも、二俣は遠江の平野部と北遠の山間地方とを結ぶ交通路の結接点で、遠州平野の「扇の要」であったからである。

(元亀3年の攻防) 元亀3年(1572)10月、武田信玄は大軍を率い、信濃を経て遠江に進入し二俣城を攻撃した。武田軍は力攻めの方法をとらず、城の水の手を断つ作戦を選んだ。徳川軍の城兵が崖に櫓を建て、釣瓶で天竜川から水を汲み上げているのを知り、上流から筏を流して井戸櫓の釣瓶を破壊した。こうして2か月ほどで二俣城は落城した。

(天正3年の攻防) 天正3年(1575)5月、長篠の戦いで勝利を得た徳川軍は、武田勢の籠る二俣城の攻撃に着手した。鳥羽山に本陣を置き、毘沙門堂・蜷腹・渡ヶ島に砦を築き二俣城を包囲した。武田軍は7か月で兵糧が底をつき城を明け渡した。そして、二俣城には大久保忠世が入城し、徳川氏が関八州へ移封する天正18年(1590)まで在城した。 この間大規模な修築がなされ、天守台を始めとする諸施設を構築したと考えられる。