常陸府中陣屋の土塁:規模は500m×400m
常陸府中藩の陣屋門

※一口メモ
@常陸府中藩の藩主家変遷:六郷家⇒皆川家・無嗣絶家⇒廃藩⇒元禄13年(1700)、松平頼隆が水戸藩より2万石の分地をうけ常陸府中藩成立。
A幕末維新時の常陸府中藩:幕末の常陸府中藩は将軍が東叡山寛永寺に蟄居すると宗藩の水戸藩にならい新政府軍へ恭順の意を表明し会津戦に出兵した。常陸府中藩から180名が出兵した。  

常陸府中藩松平家菩提所の照光寺の合葬墓 (大正15年、小石川の宗慶寺から改葬)
常陸府中藩:常陸府中陣屋
常陸府中藩 /常陸府中陣屋:常陸(茨城)石岡市 松平家・水戸藩分家 家門20千石【大広間】子爵
定府大名 常陸府中藩の陣屋跡は石岡小学校 陣屋門 松平家菩提所の照光寺   松平頼隆が1700年常陸府中藩に入封10代約170年在封
        常陸府中藩探訪歴 昭和63年5月探訪:袋田の滝/平成9年2月・同19年3月再訪B/同24年6月更新