府中城 
府中城:福井市越前市府中1丁目(現、越前市役所)                               府中城探訪:2014.04
府中城表門/正覚寺。府中城勘定奉行所表門/龍泉寺=本多家菩提寺。  天正3年(1575)、一向一揆を平定した織田信長は、北ノ庄城の柴田勝家(20万石)を置き、勝家の与力、府中3人衆の1人前田利家に府中の地を与え府中城(33千石)を築城した。前田利家は天正9年(1581)能登一国の太守として転封した。慶長6年(1601)、福井藩結城秀康の付家老、本多富正が府中城に入城した。本多家は府中城代として明治に至った。
 
 府中城表門/正覚寺  府中城勘定奉行所表門/龍泉寺
 
府中城跡の現、越前市役所    府中城は南北100余間、東西60余間であった。
 
本多家菩提寺の龍泉寺と本多家墓所 
Back