五稜郭
五稜郭タワーから↑
(大名の五稜郭は信濃(長野県)田野口藩を見てね)
五稜郭:北海道函館市五稜郭町     五稜郭探訪歴:平成9年探訪は雨/同14年5月再訪は桜満開の五稜郭 五稜
五稜郭は我が国最大・最初の西洋式稜堡式城跡(正式名は亀田役所土塁)。V字形の堡頭をもった五稜星形築城なので五稜郭と通称されている。幕府は神奈川条約による箱館開港と、ロシアの南下政策などに対応するため、安政元年(1854)6月、箱館奉行を配置、奉行所として亀田役所土塁、弁天岬台場などの築造を計画した。五稜郭は安政4年(1857)に着工、1864年に竣工。設計と監督は伊予大洲藩出身の武田斐三郎成章で、西洋の築城書をもとに築城した。星形の稜堡式築城は、郭内からの射撃に死角がないことが特長で、同じく幕末に築造された長野県南佐久郡の田野口藩竜岡城も同型のものである。五稜郭は郭内約25万u、郭高約5m、南西の追手門外に馬出として三角土塁があり、郭には濠が巡らされ、濠外の東南西三方には、さらに土塁が設けられている。郭内には木造瓦葺き望楼付き900坪の本庁舎など、30余棟の建物が並んでいた。慶応4年(1868)4月、新政府は箱館裁判所を設置し、総督に清水谷公考を任命した。その後、箱館戦争終了の明治2年(1869)5月まで、五稜郭は榎本武揚の率いる旧幕府軍に占拠され、その本拠となった。戦争の結果、本庁舎に付属する望楼が一部破壊された。

    函館朝市でのお買物           五稜郭                  幕府軍艦 開陽丸(江差)