郡上藩:郡上八幡城
    郡上藩青山家菩提寺の梅窓院&一族累代の墓(合葬) 
郡上藩 /郡上八幡城 美濃(岐阜)青山家・篠山藩分家  譜代 48千石【雁間】子爵 ☆青山幸道が1758年郡上藩に入封し7代110余年在封
 郡上八幡城の模擬天守閣   宗祇水 昔の街並  慈恩寺(線香はお薦め) 郡上踊り 郡上藩青山家菩提寺/梅窓院/東京青山 2008.10 
郡上藩探訪歴: 昭和62年5月探訪/平成13年秋3回:高山・白川郷も/同23年4月4回目:淡墨桜の途次 郡上藩

<小さな城下町

<幕末275藩

※一口メモ
@郡上藩の藩主変遷  稲葉家→遠藤家→井上家→金森家(除封)→1758年青山幸道が郡上藩に入封し藩主家定着

A幕末維新時の郡上藩:郡上藩は国元では新政府に恭順したが(郡上藩から498名出兵した)、江戸の藩士の一部が凌霜隊として会津に入り、新政府軍と戦った。新政府には脱藩者として届けた。郡上藩の凌霜隊とは家老の息子、朝比奈茂吉(17才)を隊長とする40数名は「凌霜隊」と命名されて密かに会津へ旅立った。会津鶴ヶ城ではすでに篭城戦に入っていた。一ヶ月の死闘後捕らえられ、江戸に護送後は罪人として郡上藩へ預けられ投獄された。その数は26人になっていたという。やがて明治3年3月に許された。

郡上藩、郡上八幡城から城下を望む
  郡上藩、郡上八幡城模擬天守閣
郡上藩、郡上八幡の町並
    郡上藩の城下町、宗祇水
水と踊りの城下町、郡上八幡  ↑ 日吉神社祭りに遭遇 H23.04