長州藩/萩藩
長州藩/萩藩  長門(山口)萩市 毛利家 外様 369千石【大広間】 公爵 長州藩 長州藩の支藩:岩国藩60・長府藩50・徳山40・清末10千石
 明治維新の城下町。 松下村塾。 武家屋敷街。 長州藩毛利家菩提寺の東光寺&大照院。  吉田松陰生誕地。  萩焼。  
☆毛利輝元が減封転封され長州藩/萩藩成立し15代270余年在封
長州藩/萩藩探訪歴: 昭和47年7月探訪/平成18年10月再訪:赴任地の側の為再訪多/同24年8月更新

Back

※一口メモ
@関ヶ原の戦い(1600年)で西軍の総大将となった毛利輝元は安芸国など中国地方120万石から周防、長門の2国369千石に減封され、萩に居所を定  め長州藩が成立した。
A幕末維新時の長州藩:長州藩は薩摩藩とともに討幕の2大勢力となり、明治政府に多くの人材を送り込んだ。戊辰戦争での長州藩の死者は427名にあがった。又、戦後の論功行賞で長州藩は10万石の賞典禄を賜った。 

長州藩、萩城/指月城
長州藩の城下町には武家屋敷が多く残っている
長州藩、高杉晋作墓/下関市
吉田松陰墓は眼下に萩城下をのぞむ/長州藩
長州藩毛利家菩提寺の東光寺:萩藩 3、5、7、9、11代藩主夫妻等の墓 尚、幕末の13代藩主は山口市香山墓所
長州藩毛利家菩提寺の大照院:萩藩初代、2、4、6、8、10、12代藩主夫妻等の墓
長州藩、旧厚狭毛利家萩屋敷長屋
長州藩は明治維新の功労者多数搬出:松下村塾