宇喜田秀家の墓 
東光寺  東京都板橋区
宇喜田秀家 (1572~1655年)。安土桃山時代の武将で大名。豊臣政権の5大老の一人で備前・美作・備中半国、54万石の太守。岡山城主。
  関ケ原の戦い(慶長5年:1600年) では石田三成の西軍の主力として活躍したが、戦い敗れて、薩摩に逃れ、牛根郷にかくまわれていた。  
 1603年、家康に引き渡されたが、正室が加賀前田家の姫であったので、死罪を免れ、1606年に八丈島に流罪となった。
 明治5年(1872)11月、明治政府から罪を許された秀家の子孫は、秀家の妻が前田利家の娘であった縁により、前田家から約2万坪の土地と
 当面の生活費を与えられて、旧加賀藩下屋敷跡に入植しました。秀家の供養塔は、この時に建立された。 
BACK