荒木又右衛門の墓::渡辺数馬の墓
鳥取城下の玄忠寺と荒木又右衛門の墓(昭和54年7月参詣/平成19年7月参詣) 昭和54年の酷暑日の午後、荒木又右衛門の墓参詣
荒木又右衛門(1599-1638)  大和郡山藩250石剣術師範
 渡辺数馬と助太刀の荒木又右衛門は寛永11年(1634年)、伊賀上野城下の「鍵屋の辻」で河合又五郎を討ち、本懐を遂げた。
 渡辺数馬側  :4人の内1人死亡、3人負傷。  河合又五郎側:11人の内4人死亡、2人負傷、5人逃亡
鳥取城下の興禅寺と渡辺数馬の墓(昭和54年7月参詣/平成19年7月参詣) 昭和54年の酷暑日、渡辺数馬の墓に参詣
渡辺数馬(1607-1642) 備前岡山藩士
 兄の渡辺源太夫(1630年斬られる)の仇、河合又五郎を姉婿の荒木又右衛門の助勢で伊賀上野城下<鍵屋の辻>で討った。
 岡山藩池田家は鳥取藩に移封されたので、お墓等は鳥取市(興禅寺)にある。
伊賀上野城下の鍵屋の辻        (平成15年11月) 伊賀上野城下にある河合又五郎の墓(平成9年)
河合又五郎(1615−1634) 備前岡山藩士
 荒木又衛門&渡辺数馬に討たれた河合又五郎の墓は、伊賀上野城下の万福寺にある。