有馬新七の墓:大黒寺
大黒寺/薩摩藩の祈願寺で通称、薩摩寺という/京都市伏見区 寺田屋で犠牲になった急進派、有馬新七の墓、ほか8名の薩摩藩士の墓
 有馬新七 :薩摩藩士(1825-1862)                                                      2008.04参詣
 倒幕の薩摩藩急進派。薩摩藩は寺田屋に鎮撫使を差し向けたが、有馬新七等は義挙を断念せず粛清された。有馬新七の墓がある大黒寺は寺田屋から800mの所に在る。木曽川治水工事の総奉行で工事完了後に自刃した
平田靭負の墓もある。
有馬新七の墓//鹿児島県日置市の伊集院麓にも陰墓が在る
30石船の船着場を持った大きな船宿の寺田屋/薩摩藩定宿
薩摩藩士の寺田屋騒動の4年後に、この宿で坂本龍馬は幕府側の襲撃を受けたが、”おりょうさん”の気転で脱出に成功。鹿児島に行く。