有村次左衛門の墓

有村次左衛門:幕末の尊王攘夷派薩摩藩士((1839-1860)。薩摩藩、有村兼善の4男。兄は明治の貴族院議員の海江田信義有村俊斎 。剣は薩摩藩お家流の薬丸自顕流を学ぶ。

安政6年(1859)安政の大獄が起こる。その実行者である大老井伊直弼(彦根藩)の暗殺を水戸藩士(17名)等と計画し、安政7年(1860)3月3日の朝、桃の節句祝いに江戸城に登城する井伊直弼の行列を、江戸城の桜田門外で襲撃した。
 有村次左衛門は行列中央の井伊公を襲い断首殺害した。しかし彦根藩士に斬りつけられて重傷を負い、若年寄遠藤家の辻番所で力尽き自害した。明治になり正五位が贈られた。
                             江戸城桜田門⇒  
Back
有村次左衛門の墓と有村家の墓(右) 青山霊園1種ロ12号7〜12側   (2011.10)
井伊直弼公の墓