蒲生氏郷の墓
 蒲生氏郷の墓
蒲生氏郷:(1556−1595年) 戦国・安土桃山時代の武将                          2004.11参拝
☆蒲生氏郷の墓は福島県会津若松市興徳寺  
☆織田信長、豊臣秀吉に仕える。秀吉から伊勢松ケ島に12万石拝領。天正18年(1590年)、会津42万石に移封(後の検地・加増により)92万石の太守となった。その後の蒲生家は嫡子秀行の時、お家騒動きあり、1598年、宇都宮へ12万石減封された。1600年の関ヶ原の戦い後に上杉領から60万石を与えられ会津に復帰した。1612年に享年30才で死去、その後忠郷が10才で家督を相続し、26才の若さで死去。1627年に忠知が伊予松山へ20万石で転封、1633年に無嗣断絶となる。
蒲生氏郷の墓。
60万石の大名、蒲生氏郷の墓は街中の小さな墓地に忘れられたように建っている。