平田靭負の墓
大黒寺:京都における薩摩藩の祈願寺で通称、薩摩寺という/京都市伏見区  同寺には幕末の寺田屋騒動の有馬新七等9名の墓あり
平田靭負の墓: 薩摩藩家老(1704-1755)                                                         平成20年4月
 江戸幕府は1753年に、薩摩藩に木曽川治水工事の手伝普請を命じた。薩摩藩は平田を総奉行として藩士・足軽等1000名を派遣した。工事は難工事で1年3月で完成したが、40万両(300億円超)の経費が藩の財政を悪化させた。また薩摩藩だけでも80余命の犠牲者を数えた。平田靭負の墓
 平田は責任を取り、薩摩に帰らず、美濃の大牧村で自刃した。 辞世の句:住みなれし、里も今更、名残にて、立ちぞわづらう、美濃の大牧
木曽川流域には薩摩藩士が数多く眠る
海造寺:三重県桑名市/平成6年3月参詣 円成寺:岐阜県海津市/平成19年3月参詣
常栄寺:岐阜県海津市/平成19年3月参詣 江翁寺:岐阜県輪内町/平成19年3月参詣