北条時宗の墓:北条高時の墓

 北条時宗:1251−1284年 鎌倉幕府8代執権 2度(文永の役/弘安の役)の蒙古軍襲来を撃退した。2度とも暴風雨の為、蒙古軍は壊滅した(以後、神風という言葉が定着)。北条時宗の墓は、鎌倉の円覚寺の塔頭、佛日庵の開基廟。北条時宗の墓                     2008.10
廟所 廟所の中の木造/ご遺体は廟所の下の石棺/真中が時宗、左が高時
 北条高時:1303-1333年 鎌倉幕府14代執権 新田義貞軍の鎌倉進撃で、高時は東勝寺に退き、北条一族と自刃し鎌倉幕府は滅亡した
。北条高時お墓は、鎌倉の円覚寺の塔頭、佛日庵の開基廟。(高時は時宗の孫にあたる)。北条高時の墓