伊藤博文墓所
Back
伊藤博文墓所:東京都品川区西大井6−10−18  2012.05
伊藤博文の墓所には入れない。霊園や寺院墓地ではなく伊藤家だけの墓地で、塀が廻されている。 
伊藤博文は、天保12(1841)年9月2日、林十蔵子・利助として生まれ、9歳までを山口県光市で過ごした。 その後萩に移り住み、父十蔵が長州藩士・伊藤家の養子となったため伊藤姓を名乗り、吉田松陰の松下村塾に学んだ後は、桂小五郎(木戸孝允)、高杉晋作、井上馨、山県有朋らと倒幕運動に奔走した。 明治維新後は新政府の要職を歴任し、明治18(1885)年には初代内閣総理大臣となり、また、同22(1889)年に発布された大日本帝国憲法制定の中心人物として活躍するなど、明治を代表する政治家となった。
 博文は明治42(1909)年10月に満州(現在の中華人民共和国東北地区)へと出発。しかし、同年10月26日にハルビン駅で暗殺された。