十返舎一九の墓
十返舎一九の墓                2010.06参拝/(一木会の集まりが人形町で開催、その途次)
十返舎一九の墓は東陽院:東京都中央区勝どき4丁目12-9
 「東海道中膝栗毛」の作者、十返舎一九(1765年〜1831年)は、駿府に生まれた。一九は大阪に出て、近松余七と号して浄瑠璃作者となった。寛政6年(1794年)に江戸に出て戯作に従事した。  辞世は「この世をばどりゃおいとまと線香の煙と共にはい左様なら」
十返舎一九の墓