加賀千代女 
加賀千代女:江戸時代中期の俳人。千代女は元禄16年(1703)松任町(現、白山市)の福増屋に生まれ安永4年(1775)に亡くなった。
18才で、千代女は結婚して金沢に嫁ぎ、金沢の句会にも参加しているが、夫の病没により1年余りで帰家した。千代女は生まれつき身体が弱く、その後結婚はせず、街道沿いの千代女の家には、各地の俳人が立ち寄って句を交わし、また、頻繁な書簡の交換によって多くの俳書に入集して行った。 年を経るに従い、父母や兄など家族に不幸が続いたことから、家業に従事せねばならず、俳諧を続けることが困難になった。しかし、この期間に千代女の内面の充実があったと考えられている。  40代後半から、加賀の俳人達の書画軸制作が流行し始め、それと共に千代女の俳諧活動は再開された。宝暦4年(1754)52歳で剃髪した後の10年余りはめざましい活躍を見せ、宝暦13年(1763)には、藩命によって朝鮮慶賀使献上の句軸・扇を書上げ、翌年には既白編『千代尼句集』を上梓している。  2014.04参詣
朝顔につるべとられてもらい水
          (三五才)
専光寺:金沢市本町2丁目
Back
金沢城址は桜満開、夜桜も最高だった!