吉良の仁吉の墓
吉良の仁吉の墓  吉良仁吉  仁吉                     2010.09/沼津藩大浜陣屋探訪途次
吉良の仁吉の本名は、太田仁吉。天保10年(1839)吉良町横須賀で没落武士の子として生まれ、18才から3年間、清水次郎長の下で過ごし兄弟分の杯を交わした。その後故郷に帰って吉良一家を興したが、慶応2年(1866)4月8日、伊勢鈴鹿郡荒神山の争いで死亡、享年28才。わずかな恩に報いるために、恋女房と別れてまでも負けるとわかった戦に挑み28才の若さで散った吉良の仁吉は、義理と人情そのものといえる。吉良の仁吉の墓
                                  吉良の仁吉の墓がある源徳寺/愛知県吉良町
 歌:人生劇場より: 時世時節は変わるとままよ、吉良の仁吉は男じゃないか、俺も生きたや仁吉のように、義理と人情のこの世界。
back