清川八郎の墓
清川八郎
  幕末の志士で浪士隊幹部
清川八郎:1830-1863
 庄内藩清川村の郷士。
 江戸に出て、千葉周作の玄武館で修業し、免許皆伝。
 ”浪士隊”200余名を率いて上京。京都で、近藤勇(後に新撰組
  結成)と袂を分ける。
 浪士隊の不穏な動きに(清川は将軍の警護でなく、尊攘派と結ん
 でいた)、幕府は浪士隊を江戸に償還。
 江戸で、刺客に討たれた。                  2006.05  
清川八郎の墓&菩提寺の伝通院:文京区小石川
      (徳川家康の生母、於大の方
      豊臣秀頼の妻千姫の菩提寺&墓所)