小堀遠州の墓
 小堀遠州
    大名、造園師、茶人
広徳寺:東京都練馬区 小堀遠州の墓            2006.03
  小堀遠州以後の合葬墓
小堀遠州(1579-1647)
江戸幕府初期の小室藩(近江)12千石の大名。
千利休・古田織部とともに三大茶人と称えられ、徳川将軍家の茶道指南役となる。作庭にも非凡な才能を発揮し、現在でも遠州の作庭した庭園は各地に残る。

小堀家は7代藩主政方の時、改易となる。その後、1828年に再び幕臣として召しだされた。武家茶道の代表的な流儀として、遠州流茶道として今に継承されている。小堀遠州の墓