大戸関所   
 大戸関所:群馬県吾妻郡東吾妻町大戸   大戸関所  2011.10
国定忠治の関所破りで知られる。大戸関所は、寛永7年に幕府目付によって、関所見立の巡検があり、寛永8年(1631年)設けられた。 中山道の脇往還で、碓氷関所の裏固めの意味を持っている。幕府代官の管理の下に運営され、230余年で明治。通行手形によって往来の旅人を厳重に取締り、関所破りは重罪として処刑された。
 通行の門限は明六つから暮六つ(午前6時から午後6時)までと定められていた。また要害地域を守る大戸関所付の村として、大戸、荻生、本宿の3ヶ村は関所番人を出し、警備の義務づけられ、近隣の11ヵ村は関所普請村に充てられていた。
<有名人の墓
大戸関所の跡。1km離れた所に国定忠治の処刑場跡がある↓。
国定忠治の墓 

国定忠治(1810年〜1850年)幕末の侠客
  
本名は長岡忠次郎。国定村の富豪の家に生まれる。博徒の島村伊三郎や主馬の殺害。関東取締役出役(俗称、八州様)の道案内人(目明し)の三室の勘助の殺害。その間、3回の関所破りで、関東取締役出役の一斉手配を受けた。一家の幹部の多くは逮捕されたが、忠治は会津方面に逃げた。4年後に上州に舞い戻ったが、中風を患い、嘉永3年(1850)8月に捕縛された。嘉永3年12月、大戸の関所で磔の刑に処せられた。
 弘化3年(1846年)に忠治一家が赤城山にこもったのは余りにも有名。



 国定忠治の墓&菩提寺は養寿寺
  (群馬県伊勢原市国定町1丁目)

                    (2010.03参拝)
<直参旗本陣屋・関所
左側の鉄囲いの中が本当の国定忠治の墓