間宮林蔵の墓
間宮林蔵の墓
幕末の冒険家、隠密
間宮林蔵の墓:東京都江東区平野                     
  街中の一角に墓がある//2006.03
間宮林蔵(1780-1844)
 日本人冒険家、幕府隠密活動
 1809年、樺太が島であることを発見した⇒後に、間宮海峡と命名
 された。
 シーボルト事件、浜田藩密貿易の摘発等、幕府の隠密としても活躍
 した。 
宗谷岬に建つ間宮林蔵の銅像  (2010.06/利尻島・礼文島の旅)