刀工 正宗の墓

刀工 正宗:鎌倉時代末期〜南北朝時代(生没年不詳)の「相州伝」の名刀工。

正宗の墓は本覚寺:神奈川県鎌倉市小町1-12

・鎌倉時代末期に「相州伝」と呼ばれる作風を確立した代表的刀工。

・正宗の作に銘が入っているものはまれで、大部分は無銘または後世の金象嵌銘が入ったものである。

・正宗から24代目の子孫に当たる山村 綱廣(つなひろ)氏が、現在もJR横須賀線鎌倉駅近くで、正宗工芸美術製作所 (正宗孫刀剣鍛冶綱廣)を営み、刀剣・包丁・ハサミ・小刀等を制作している。

  (本覚寺には2005.08に百日紅を観にいった。正宗の墓に参詣は2013.01)
Back