最上徳内の墓
最上徳内:江戸時代後期の北方探検家(1755-1836年) 山形県村山市生まれ   2011.06
最上徳内は天明5年(1785)蝦夷地巡検使の従者として蝦夷沿岸を巡視、国尻島に渡航。寛政3年(1791)、4年千島・樺太を探検した。寛政10年(1798)には近藤重蔵らと択捉島に渡る。文政9年(1826)シーボルトを訪問。最上徳内の墓。
最上徳内の墓がある蓮光寺:東京都文京区
Back