護良親王の墓 
護良親王:(1308~1335年) 鎌倉時代後期から建武の新政の人で、御醍醐天王の皇子。大塔の宮といわれた。   2015.11参詣
墓所:神奈川県鎌倉市二階堂 
1331年、父の後醍醐天皇が鎌倉幕府討幕の元弘の乱を起こすと僧籍から還俗して参戦した。2年にわたり幕府軍と戦い続け、京都の六波羅探題を滅ぼした。しかし、討幕の功労者足利尊氏とは相容れず、討幕後も上洛せず信貴山を拠点に尊氏を牽制する。、尊氏のほか、父の後醍醐天皇とも反目し、尊氏暗殺のため兵を集め辻斬りを働いたりした。このため、征夷大将軍を解任され、捕らえられる。その上で足利方に身柄を預けられて鎌倉に送られ、尊氏の弟足利直義の監視下に置かれた。その後殺害された。
 
 
Back