ねずみ小僧次郎吉の墓
ねずみ小僧次郎吉(1797〜1832年)
 ねずみ小僧次郎吉は、大名屋敷を専門にあらした窃盗犯。 本名は次郎吉(じろきち)。 生業は鳶職であったと言われ、義賊として有名。
   
(平成18年12月14日参詣。この日、両国(旧本所松坂)にあるの吉良邸から友K氏と赤穂浪士が主君の仇を討ち 引きあげた道筋を泉岳寺まで歩く)
              ねずみ小僧次郎吉の墓               東京両国の回向院