二宮尊徳の墓
二宮尊徳 (1787-1856)
  農村復興を指導した農政家。通称金次郎。
  小田原藩領で生まれ、小田原藩で力量を認められた。
   そこで、小田原藩大久保家の分家、旗本宇津木家の財政破綻を
   立て直す為に下野国の桜町領に入り手腕を発揮。その後、幕
   府天領の建て直しもする。
栃木県日光市今市にある報徳二宮神社                                     2008.07
二宮尊徳の墓(土盛)