大江広元/鎌倉幕府の初代政所別当 
大江広元:1148~1225年。鎌倉幕府の政所初代別当                                  2015.11参詣
大江広元(おおえのひろもと)は、はじめは朝廷に仕える下級貴族だったが、鎌倉に下って源頼朝の側近となり、鎌倉幕府政所の初代別当を務め、鎌倉幕府創設に貢献した。
 墓所(やぐら):神奈川県鎌倉市西御門法華寺跡(源頼朝墓の右隣の地)
この階段を登る 大江広元の墓(やぐら)
Back