大石内蔵助の墓
              平成18年12月14日義士際:友人K氏と本所松坂の吉良邸から泉岳寺まで歩く 10:00〜14:30  義士祭と遭遇
元禄16年2月4日、大石内蔵助ほか16名が切腹した、熊本藩下屋敷。切腹の場所は保存されている。港区高輪1丁目。  2010.12

大石内蔵助(1659-1703)
 赤穂浪士47士の頭目、赤穂藩城代家老


 主君の浅野内匠頭は元禄14年3月14日、江戸城
 松の廊下にて吉良上野介に刃傷、即日切腹。

 元禄15年12月14日、吉良邸に討ち入り、上野介を
 討ち果たし、泉岳寺の主君の墓前に、上野介の首
 級を供えて仇討ちを報告。

 元禄16年2月4日、熊本藩細川邸で切腹。

大石内蔵助の墓がある高輪泉岳寺
      大石内蔵助の墓と浪士の墓                                   大石主税の墓
辞世の句:あら楽し 思いは晴るる 身は捨つる 浮世の月にかかる雲なし 
  浅野内匠頭の墓                             妻の瑤泉院(阿久利)の墓