太田道灌の墓
 太田道灌:(1432-1486年)  花も実もある武将太田道灌の墓
  江戸城を築城した武将 :1486年、神奈川県伊勢原市にあった主君、上杉定正の居館で暗殺された。
  太田道灌の墓は洞昌院の以外に、大慈寺には首塚がある。                                      (平成17年初夏)
 
 太田道灌の墓:神奈川県伊勢原市洞昌院

   突然のにわか雨にあい、農家で蓑を借りようと立寄った。
    その時、娘が出てきて、一輪の山吹の花を差し出した。

     <七重八重花は咲けども山吹の
             実の(蓑)一つだになきぞ悲しき


   道灌が上の和歌を承知していたなら、娘の行為に立腹しな
   かったハズ。

   その後の太田道灌は和歌にも励み、
     花も実もある武将と後世に名を残すことになった。

  太田道灌の子孫は掛川藩主として明治を迎えた
伊勢原市内の大慈寺の墓//首塚