西行の墓/弘川寺 
西行の墓:大阪府南河内郡河南町   2005年12月参詣
 西行:1118~1190 平安後期の歌人・僧。俗名、佐藤義清(さとうのりきよ)。鳥羽院の北面の武士として仕えたが、23歳で出家。草庵に住み、また諸国を行脚して歌を詠んだ。家集「山家集」。新古今集には94首が載っている。 
 文治6年(1190)春、桜が咲く2月16日、 「願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ」と自ら詠んだ歌のとおり、河内国南葛城(現在の河南町)弘川寺で入滅した。
   
Back