佐倉宗吾(木内惣五郎) 
佐倉宗吾:慶長10年(1605)~承応2年(1653)享年48才。 下総国(佐倉藩)印旛郡の名主。               ::佐倉宗吾墓参詣/2014.03
承応2年12月に4代将軍家綱公に直訴を行う。後に家族共々処刑された。 
 
承応2年ごろ、佐倉藩は、大変な飢饉に襲われていた。しかし当時の佐倉藩は年貢を緩めることもなく、農民の実情を無視した過酷な検見が行われ、農民は餓死寸前の状態にあった。
 たまりかねた名主達が集まって、宗吾(木内惣五郎)他6人で、将軍側用人の久世大和守様に直訴を申し出たが、聞き届けられなかった。やむなく宗吾は1人で4代将軍家綱公へ直訴を行う決心をした。当時の直訴の罪は重く、家族にまで刑罰が及んだ。。家族の身を案じた宗吾は直訴の前に妻を離縁、子供達を勘当しようとしたが、妻は宗吾の考えを聞き入れず、運命を共にする覚悟で離縁を拒んだ。

 上野寛永寺で墓参りに来た4代将軍家綱公の駕籠を待ち受け、直訴を行なった。宗吾はその場で取り押さえられたが、家綱公は墓参りが終わった後、宗吾からの訴状の内容を確認し、佐倉藩の状況を調べた。そして佐倉藩の深刻な状況を知り、3年間の減免を行った。飢饉に苦しんでいた農民は救われた。 しかし、直訴の罪で宗吾は磔になり、子供達(長松とウメ)までが打ち首になった。のちに、佐倉藩主堀田正亮公は、1752年の百回忌のときに、当時の失政に胸を痛め、宗吾に「宗吾道閑居士」の法号を授けた。それ以来、惣五郎は宗吾と呼ばれるようになった。 
 宗吾家族の墓
東勝寺:成田市/佐倉宗吾の菩提寺 
Back