千姫の墓
千姫
歴史の運命に弄ばれた女性
千姫(1597−1666)
豊臣秀頼&本多忠刻の妻、父は徳川2代将軍秀忠。

千姫は大阪夏の陣(1615年)に落城の大阪城から救出され(津和野城主坂崎出羽守)、翌年、本多忠刻と結婚。
姫路城にて暮らすが1626年忠刻と死別し、江戸城に入りその後、出家。

千姫の墓がある伝通院:東京文京区
     同寺は家康の母、於大の方の菩提寺
      

                              2006.05 /2014.05