清水次郎長の墓
清水次郎長道一の親分
清水次郎長の墓がある梅蔭禅寺:静岡市清水 清水次郎長(1820〜1893)
 清水次郎長は浪曲でお馴染の、江戸時代は街道一の大親分。
 明治以降は清水開港に尽力し、三保・日本平・富士の裾野を開
 墾し、社会に貢献。清水次郎長の墓。
 戊辰戦争時、清水港で官軍の刃にに倒れた賊軍(幕府軍)の遺
 骸を「死ねば仏、仏に官軍も賊軍もあるか」とねんごろに葬った。