彰義隊の墓
 彰義隊の墓 (上野公園の西郷隆盛公銅像の後方) 寛永寺:東京都台東区
 15代将軍、徳川慶喜の一橋藩主時代の側近、小川興郷等は、慶応4年(1868)大政奉還をして寛永寺に蟄居した慶喜の助命嘆願のために同志をつのった。徳川政権を支持する各藩士・新政府への不満武士が集まり「彰義隊」と名乗り、上野の山を拠点として新政府軍と対峙した。旧暦5月15日の上野戦争は、武力に勝る新政府軍が半日で彰義隊を壊滅させた。
 生き残った小川等隊士は、明治7年、新政府の許可を得て、激戦地であり隊士の遺体の火葬場となった当地に彰義隊戦死の墓を建立した 
Back

上野の戦いでの激戦地、東叡山寛永寺の総門、通称「黒門」は東京都荒川区南千住の円通寺に移設されている。

上野の戦いで、最も激しい戦闘が展開されたのは、上野のお山の入口の黒門付近で戦いの戦略は主として銃撃戦でだったので、黒門に銃弾痕が無数に残っている。