高橋泥舟の墓
  高橋泥舟(1835-1903年)  山岡鉄舟の義兄
  
  幕末の幕臣、槍術家。21才で幕府講武所教授。

  慶応4年1月の「鳥羽伏見の戦い」の後で、主戦論が多数を

  占めていた中で、泥舟は徳川家の恭順を説き、15代将軍の

  徳川慶喜が恭順の姿勢をしめし、寛永寺に移り、ついで水戸

  に移った際には、遊撃隊を率いて警護した。

  勝海舟、山岡鉄舟とともに幕末の三舟といわれた。

                                  2008.11
  
高橋泥舟の墓がある大雄寺:東京都台東区谷中