竹中半兵衛の墓 
竹中半兵衛重治:1544~1579年。 安土桃山時代の武将で美濃菩提山城主竹中重元の子。稲葉山城主の斉藤竜興に仕えていたが竜興の横暴にたまりかねて十数名で稲葉山城を乗っ取ったことは良く知られている。その後,城は竜興に返した。
 斉藤氏滅亡後、織田信長の属将、豊臣秀吉の臣となり中国攻めに大活躍し、黒田官兵衛と共に<秀吉の軍師>といわれた。
しかし天正7年(1579)播州三木城攻めの陣で病没した。岐阜県垂井町、禅憧寺の竹中半兵衛の墓は、その後、天正15年父の菩提を弔うため長男重門が三木から移葬した。現在の禅憧寺本堂は、半兵衛の孫、重常が寛文3年(1663)に建立した。
竹中家は江戸時代を通して交代寄合5000石で明治を迎えた(竹中氏館跡:岐阜県垂井町)。 
竹中半兵衛の墓  
 
竹中半兵衛の墓(岐阜県垂井町、禅憧寺) 
  
竹中家菩提寺の禅憧寺 
Back