滝沢馬琴の墓
   ”南総里見八犬伝”のモデルとなった安房館山藩(千葉県)
    里見家12万石の最後の城主、里見忠義は改易され鳥取県
    の倉吉に配流された。
    忠義と8人の側近の墓は大岳院にある。
滝沢馬琴:江戸時代後期の戯作者(1767−1848年)                                              2008.02参詣
 滝沢馬琴は、南総里見八犬伝、椿説弓張月など多数の作品を残した。晩年は髪をおろして、曲亭馬琴と号した。
 滝沢馬琴の墓がある深光寺:東京都文京区小日向4丁目
(地下鉄丸の内線茗荷谷駅、5分)