千葉忠左衛門の墓(浦山寿貞)
千葉忠左衛門(千葉周作の父)  千葉忠左衛門(千葉周作の父)参詣:2012.09
菩提寺は宝光院:千葉県松戸市  
幕末三剣士の一人で、北辰一刀流を開いた千葉周作の実父 千葉忠左衛門(後に「浦山寿貞」と改名し馬医者)と、周作の剣の師で義父でもある浅利又七郎の墓がある。若き日の周作は、宝光院の門前に住み、浅利道場で剣の修行に励んだと伝えられています。
 
 浦山寿貞の墓  菩提寺の宝光院
  千葉周作の剣の師で義父(浅利又七郎の娘を妻にした)でもある浅利又七郎の墓。当時の浅利又七郎の道場は宝光院の一角にあった。
※1778−1853年、江戸時代後期の剣術家。江戸で中西派一刀流の3代中西忠太にまなび,浅利派をたてる。突きが得意であった。若狭小浜藩の指南役をつとめる
Back

←浅利又七郎の墓