鳥居強右衛門の墓
鳥居強右衛門(1540年-1575年)
三河武士の鑑と賞された鳥居強右衛門の墓
鳥居強右衛門の墓がある新昌寺:愛知県鳳来町
 1575年5月、長篠城(500人の将兵)は武田勝頼軍15,000人の攻撃を受け落城寸前であった。
 城主、奥平貞昌の命で鳥居強右衛門は城を脱出し、岡崎の徳川家康のもとに走り、織田・徳川連合軍の援軍に成功した。その帰途、武田軍に捕らえられ、長篠城から見えるところで磔に処せられた。

鳥居強右衛門の子孫は13代強右衛門が忍藩(埼玉)松平家(奥平)の家老として500石で存続した。

2006.09参詣

鳥居号衛門の墓