豊臣秀吉の墓 
豊臣秀吉の墓:京都府東山区(豊国廟)  「1536年から1598年」  平成10年参詣/平成28年up
 安土桃山時代の武将で、尾張で出生。幼名は日吉丸で、その後は木下藤吉郎を名乗る。織田信長に仕え戦功をたて、羽柴秀吉と名乗った。
信長の死後、明智光秀や柴田勝家を滅ぼし、天下を統一した。この間、天正13年(1585)関白、翌年太政大臣となり、豊臣を賜姓。また、検地・刀狩などを行い、兵農分離を行った。明国征服を志して朝鮮に出兵したが、戦局半ばで病没。豊太閤。  
  
   
 豊国神社  
 Back