山鹿素行の墓 
 山鹿素行の墓:東京都新宿区弁天町1(宗参寺)  2015.03参詣
山鹿素行は元和8年生まれ(1622-1685)。 江戸時代前期の儒学者・軍学者で山鹿流兵法の祖。9才で林羅山の門下に入った。長じて朱子学を批判したことから播磨国の赤穂藩へお預けの身となる。そこで赤穂藩士の教育を行う。赤穂藩国家老の大石良雄も門弟の1人であり、良雄が活躍した忠臣蔵以後、山鹿流には「実戦的な軍学」という評判が立つことになる山鹿素行の墓
 
 
山鹿素行の墓
Back