山中鹿之介の墓:岡山県高梁市 江戸時代は板倉家50千石の城下町/江戸現存天守閣
山中鹿之介(1545-1578)   <2005.09参詣>                                            
<我に七難八苦を与え給え>と三日月に祈ったという故事は有名。尼子家滅亡の危機に播州上月城に拠って再興を志したが、毛利勢に攻められ、ついに落城した。山中鹿之介は捕らわれて備中松山城(高梁市)に護送される途中、城下に近い川渡り場で斬殺された。山中鹿之介の墓
尼子家居城の月山富田城遠望:島根県/2007.07再訪は梅雨 月山富田城大手門跡
山中鹿之介の墓